中学生が通う個別指導塾を見極めるためのポイントがいくつかありますが、最初に重視したいのは過去の合格実績です。特に利用したい中学生が志望している高校に合格者を輩出していることがポイントになり、直近のデータを見ないと判断できません。過去にいくら優秀な結果を出していても、受験は年々変わっていきますので、近年の成果が思わしくないと変化に適応できていないと判断されます。合格者の数だけでなく、合格率も大事なポイントですので、併せてチェックしましょう。

100%に近い確率で合格できているのが理想ですが、難関校の場合には難しいことですので、それに近いデータが出ていることが条件です。講師の質が優れていて、合格者を輩出した時の講師がまだ残っているかも忘れずに見ておく必要があります。個別指導塾では社会人のプロ講師が教えているところがあり、アルバイト講師よりも費用は高めです。その分合格に近づけるような指導方法はノウハウが蓄積されており、過去の実績を踏まえた上で効率的な指導をしてくれます。

利用する中学生から見ると少ない労力で合格できるチャンスですので、プロ講師を選びたいと考えることも少なくありません。定期テスト対策も必要ですので、定期テストのための補習を行っている個別指導塾を選びます。補習は基本無料で、できれば受講していない科目に関しても指導をしてくれるのが望ましいと言えます。内申点によって受けられる学校がある程度は絞られてしまうため、最近ではどこでも定期テスト対策に力を入れてるようです。