個別指導塾では担当制を導入していて、一人の講師がずっと面倒を見てくれることが多いようです。担当制にすると中学生と良い関係を築きやすくなり、信頼関係のもとで授業を進められます。落ち着いた環境が作られて勉強にも前向きな気持ちになり、成績が下がってしまった場合でもどのようにしたらあげられるのかを一緒に考えながら解決策を探ることが可能です。理想的な環境であり、このような中で勉強を進めていけば自然と実力も身についていきます。

一人の講師に見てもらった方が中学生にとっても良いのですが、苦手科目がある場合には話は別です。個別指導塾では個々に合わせたカリキュラムを導入しており、内容的に合わない部分が出てきたらその都度変更を加えるという形になっています。つまり、現状に合った内容の授業を受けられるため、無駄な時間を過ごさなくて済みますし、ちょうど良い難易度なので習得もしやすくなります。苦手科目も同じようなペースで進められれば良いのですが、元々が苦手意識を持っていると他の科目と同じように進めるのは大変なので、その科目の指導を得意とする講師に教えてもらうのが確実です。

苦手科目だけは担当講師以外に指導をしてもらった方が、結果的に上手くいきます。成績を上げたい中学生は何をすべきかを分かっていて、苦手科目を克服することが全体的な成績アップにつながることも理解しています。ですから、個別指導塾側がそれに配慮して、その科目を得意とする講師にしてくれると更に効果が高まってお勧めです。中学生の個別指導塾のことならこちら