部活や習い事に忙しく過ごしている中学生でも、学校の勉強をおろそかにはできません。授業についていくことも大事ですし、既に習っている部分をきちんと習得することも考える必要があります。なんとなくその場しのぎで過ごしていると、いつの間にか大幅に遅れてしまうことがあり、気づいた時には自力ではもうどうにもならないという事態に陥る可能性があります。そうならないためにも、早めに対処することが重要になりますが、このケースでは集団塾では思うような成果をあげられないため、個別指導塾にするのがお勧めです。

個別指導塾が忙しい中学生に向いていると言われるのは、スケジュールを決めていてもその時々の事情によって臨機応変に対応できるからです。大勢で一緒に授業を受ける形式では他の人に合わせなければならず、万が一用事が出来ていけなくなったり体調不良により急に欠席をすることになっても、その分をカバーする手段がありません。そのため、忙しければ忙しいほど順調に通うことができなくなり、どんどん遅れていくという悪循環に陥ります。あらかじめスケジュールをしっかりと決めていても、その通りには進まないことも多いので、中学生には個別指導塾の方が向いていますし、それぞれのペースで学習できるので無理をする必要もありません。

ストレスなく通い続けられるタイプであり、順調に授業を受けて課題をこなしていくうちにどんどん学力がアップして、志望校への合格が近づきます。