中学生が通う個別指導塾は、講師1人に生徒数人以内の少人数制の授業を行うことができるため、大勢の生徒に一斉に授業を行う集団指導塾と比較してきめ細かな指導が魅力です。個別指導塾の中には、独自の診断ツールを用いて生徒の性格や学力を分析して、生徒一人一人に最適なカリキュラムを提供している塾もあり人気を集めています。例えば、学力面においては、入塾時に独自の学力診断テストを実施して各教科のつまずきの原因を探ることで、理解できていない単元にまでさかのぼって指導をスタートすることができるようになっています。苦手な部分を何度も徹底的に復習しながら、定期的に学力診断テストを繰り返すことで、適切にレベルアップをしながら志望校合格へと導いているので安心です。

また、中学生の学力以外の部分についても個性や性格を把握するためのテストが実施していて、個別指導塾が用意したたくさんの質問に答えることで学習習慣、育てられてきた環境、生活習慣といった生徒の内面を分析しています。診断結果は生徒の指導方法や用意するカリキュラムに反映させて、最も効率的な方法での指導に役立てています。例えば、全体を把握したり、同時に行う力がある生徒には複数の単元の複合問題や応用問題を多くして飽きないようにしたり、自己主張が少ない中学生には理解できたかどうかを本人に聞かずに学力診断で判断したりと臨機応変に対応していて、子供に合わせた学習スタイルを見つけていくのでスムーズです。