Skip to content

家庭での水漏れの修理について

蛇口や給水管など家庭の水漏れの修理は早めにおこなうことをおすすめします。

たとえ漏れている量が少しずつだとしても、溜まればかなりの水量になることもあり、無駄になる水道料金が勿体ないからです。水漏れの修理は自分ですることが出来る場合もありますが、場合によっては工事店に依頼しておこなわなくてはならないこともあるでしょう。蛇口の水漏れの修理を自分でする場合は、蛇口の内部にあるゴムパッキン部分が劣化したケレップを交換すれば直すことができます。水を出す際に回すハンドルの根元から漏れているときには、ナットの下のパッキンが劣化しているので交換すると直る場合が多くあります。これらのような方法で水漏れを修理する場合には、工具と取り換えるパーツが必要になりますが、どちらもホームセンターなどで売られていることがあるので、手に入れることが出来たら自分で直すことも可能です。

配水管から水が漏れていて直す必要がある場合には、給水管の場合には配管補修用のテープを使って応急処置をしておくことができます。テープはホームセンターで売られているので、比較的手に入りやすいでしょう。元栓を閉めたら水が漏れている部分に巻き付けて、漏れている部分を塞いで使用します。しかし応急処置であるため、その後は工事会社に水漏れの修理を依頼して直すことをお勧めします。また見える場所から水が漏れだしているのではなく、壁の裏や天井など見えない部分から漏れているなら、元栓を閉めて早めに工事をしてもらいます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *