Skip to content

水道蛇口からの水漏れを修理

水道蛇口からの水漏れが発生したら、簡単に修理方法を確認して必要な部品や道具を用意しましょう。

自宅にあるものだけで対処できれば良いのですが、パッキンは型番が合わないと修理できません。蛇口を分解したことが無い場合にはどのようなパッキンが使われているかも分からないため、まずは型番を調べることから始めます。大抵はホームセンターに売っていて簡単に入手することが可能ですが、中にはメーカーの直販サイトからでないと購入できない部品もあるようです。なかなか見つからない場合には、直販サイトでチェックしてみるとスムーズに手に入ります。具体的な水漏れ修理では、開始する前に止水栓で水を止めます。止水栓を閉めておくと、時間がかかっている時でも被害の広がりを心配する必要がありません。

ハンドルとキャップナットを外したら、古いパッキンを取り外して新しいものを設置し、分解した時と逆の手順で蛇口を元通りにしていきます。順番が分からなくなりそうな時には、外していく順番に部品を並べると簡単に戻せるのでお勧めです。このように簡単な手順だけで水漏れは直りますので、慌てて業者に連絡する必要はありません。自力で直せる人は水漏れに関する知識を既に持っていたり、これまで同じような処置を経験していてノウハウがあるのだと思い込んでいる人も多いのですが、最近では何でもインターネットで調べることができますので、経験していなくても修理することは可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *