Skip to content

水漏れを自力で修理する時の手順

水漏れが発生しても自力で修理できるケースが多く、手順さえつかめれば費用もかからず対処できます。

手順について細かく見ていくと、まず最初に止水栓で水をストップします。止水栓は一戸建ての場合には屋外のメーターボックス内にあり、集合住宅の場合には玄関近くのメーターボックス内にガスメーターと一緒にあるので確認しましょう。止め方は、バルブを右回りにそれ以上回らなくなるまで回し続けます。これは一戸建ても集合住宅も同じであり、しっかりと閉めれば落ち着いて修理に臨めます。蛇口を捻ってみて水が出なければ作業開始です。ポタポタと垂れるような水漏れでは、内部にあるコマパッキンが経年劣化によって水をせき止めることができなくなっています。

交換が必要ですので、マイナスドライバーを使ってハンドルキャップを外す・ドライバーでハンドルも取り外した後に、プライヤーナットでキャップナットを外す・三角パッキンとスピンドルを取り除く・古いコマパッキンを取って新品をセットするという手順で作業します。プラスドライバーでネジを締める時には、力を入れ過ぎるとネジがダメになってしまうこともあるため、力加減には注意が必要です。部品を元に戻していったら止水栓を開けて水を流してみましょう。コマパッキンが原因の水漏れなら、これだけで直っているはずです。これでも症状が収まらない場合には、何か別の原因を抱えていて違う修理が必要となります。分からない時には業者に依頼するのも一つの方法です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *