Skip to content

水漏れ修理業者への依頼が必要かを判断

ほとんどの人は、水漏れが起きたら専門の業者に見てもらうしかないと考えます。

確かに専門の業者に依頼すればスピーディーに解決できますが、その分お金もかかりますので、必要でないケースでは自力で直す方法を模索するべきです。自力での修理が可能かを判断するのが難しい場合には、簡単な処置だけで直せる症状を調べてみて、それに該当するかを確かめるのがお勧めです。数分程度の修理で直る症状もいくつかあり、特に知識が無くても対処できます。すぐにでも水漏れ修理業者に依頼しなければならないケースとして、止水栓を閉めているのに水が止まらないトラブルが挙げられます。通常なら止水栓を閉めることでストップするのですが、それで止まらない場合には素人では予測できないようなトラブルが隠されているかもしれません。

原因について見当もつかないのに対処できるはずがありませんから、この場合は原因を探って無駄に時間を使うよりは業者に任せるのが安心です。止水栓で止まらない時には、一気に大量の水が溢れ出てくるケースも少なくありません。一般的には、パッキンの劣化やナットの緩みが水漏れの主な原因です。ですから、知識が無くても5分程度で直せる症状の可能性大です。ナットの緩みがもっとも簡単であり、モンキーレンチで少し締め直すだけで直ります。その時、力の入れ過ぎには気を付けましょう。パッキンも蛇口部分を分解して、内部にある古いものを新しいものに替えるだけで解決できます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *