Skip to content

水漏れ箇所をチェックして修理方法を考える

一口に水漏れといっても、発生している箇所によって原因は異なります。

原因に合わせて部品を用意する必要がありますし、あらかじめ手順も確認しなければなりませんので、まずは発生箇所の特定に努めましょう。修理自体は非常に簡単な手順だけで終わるケースもありますので、それほど身構える必要はありません。特によくあるトラブルであるパッキンの劣化やナットの緩みはごく短い時間で終わる修理ですので、これまで水漏れに対処したことが無い人でも大丈夫です。水が出てくる先端部分からポタポタと水漏れしている場合にはケレップに問題が発生しているため、ケレップを用意して修理することになります。ケレップはホームセンターで入手できますので、現在入っているものと同じ型の商品を用意しましょう。

パイプの根元部分もしばしば水漏れが発生する箇所であり、この場合はパッキンが摩耗していることが原因です。パッキンに関しても量販店で入手することが可能であり、蛇口を分解して交換するだけで直ります。取り付け部分から水漏れが発生していたら少し驚くかもしれませんが、対処法はあります。シールテープでしっかりと固定すると漏れ出ていた水もストップするため、解決するまでに時間はかかりません。ハンドル下のナットから出ているケースでは、水栓ハンドル内パッキンを交換しましょう。これらのトラブルは比較的簡単に直せるものばかりであり、手順について少しでも学べば迷わずに解消できます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *