Skip to content

実際に水漏れ修理をする時のコツ

実際に水漏れ修理をしたことがない人は、簡単なコツだけでも押さえておくとスムーズにできます。

水が出てくる口から水漏れが発生していたら、ハンドル下にあるカバーナットを取り外してハンドルを左回りに回して外し、ケレップをピンセットでつまんで取り除きます。摩耗具合をチェックして新しいケレップをセットし、あとは外した時の手順と逆の作業をしていくだけで終わりです。あっけないと感じるほど簡単にできますので、素人でも無理なく修理できる範囲です。パイプの根元から水漏れが発生している場合、まずはパイプナットを緩めて取り除き、パイプを引き抜くと黒いパッキンが見えます。このパッキンがトラブルの原因となっているため、新品に交換してパイプを元に戻します。パイプナットをしっかりと締めて漏れ出てこないことを確認すれば修理は完了です。

取付け部分からのケースでは水栓本体を壁から取り外しますが、錆び付いていることが多いので無理に引っ張らないように気を付けましょう。この状態の時にはゴミも水漏れの原因となるためゴミを綺麗にして、蛇口の接続部分にシールテープを先端から奥へ時計回りに巻きつけます。ハンドル下のナットから水漏れが発生したら、ハンドル上にあるビスを取り除いてハンドルを引き抜き、カバーナットを緩めてからパッキンを取り外します。新品と交換した後は他の箇所と同じように部品を元に戻していくことで完了です。ステップ数は多くありませんので、数分程度で終わる作業ばかりです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *