Skip to content

複合水栓器具の水漏れ修理に必要なスピンバルブとは

洗面所や浴室・洗濯場などには必ず水を出すための水栓器具が備わっています。

キッチンや浴室であれば水だけでなく給湯器から伸びる配水管もあり、冷水と温水の両方を出せる複合水栓器具が用いられるのが一般的です。これらの器具では長期間使用することで水漏れという現象が起こりやすく、その時は迅速に修理をする必要があります。水漏れ修理をするには専門会社に依頼するか、自身で部品を調達しておこなえるので状況に合わせた方法を選びましょう。複合水栓器具で水漏れが起きている場合、「スピンバルブ」という部品が必要です。この部品は複合タイプの器具のみに備わっているもので、冷水・温水を切り替えるためのレバー部分に取り付けられているものです。

「スピンバルブ」は合成樹脂製で、長期間使用しているとひび割れを起こしてしまいます。このひび割れが原因で水漏れを起こしているので、ホームセンターやネット通販で新しいものを購入しましょう。「スピンバルブ」を購入する時、必ずチェックをしなくてはいけないのが器具の種類です。複合タイプの場合、レバー式とハンドル式の2種類があり、それぞれ「スピンバルブ」の形状が異なっています。必ず自宅に備わっている器具の形状に見合ったものを購入しないといけません。水漏れ修理にはこの部品のみしか必要なく、あとはプライヤーという工具さえあれば10分程度で修理は完了します。比較的簡単におこなえる上に、自分で挑戦すれば低コストで収まります。
水漏れの修理のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *