Skip to content

排水口つまりが京都で起こったら

京都の排水口つまりが起こってしまうと大変ですが、状態によっては家庭用のパイプクリーナーを使えば解消できることがあります。

完全に固まっていない汚れの場合、パイプクリーナーで汚れを溶かすだけで水の流れを改善できるでしょう。しかし、完全に固まってしまった場合はパイプクリーナーで解消することが難しいため、早めに対処することが大切です。専門の業者に依頼した方が良いかもしれません。京都の排水口つまりを解消したいという場合、まずは排水管を覆っているフタやゴミ受けを取り外し、排水管の口が見える状態にします。そして、排水管の穴の中心にパイプクリーナーを流し込みましょう。

そうすることで排水管内の汚れを分解することができます。パイプクリーナーには漂白除菌の効果もありますし、臭いや黒ずみなどを改善する効果もあります。パイプクリーナーは粘り気のある液体であり、少しずつ内部の汚れを分解していきます。そのためすぐに水で流してしまうとあまり効果が期待できません。パイプクリーナーを流し込んだら30分~1時間程度放置するのが良く、その後は一気に水を流せば掃除が完了となります。この方法は特に難しい作業もありませんし、だれでも簡単に行えることが特徴です。京都の排水口つまりを予防したいという場合、定期的にパイプクリーナーを使って掃除を行うと良いでしょう。1ヶ月に1回程度行うことにより、排水管の中を綺麗に保てるようになりますし、つまりの防止に繋がります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *