Skip to content

京都の専門会社で実施している排水口つまりの修理方法

水道を使うということは、必然的に下水道も使用するということです。

そのため洗面台やキッチンのシンク、トイレに至るあらゆる水回り設備に排水口が備わっています。この排水口とは塩化ビニール製のチューブで作られており、日本工業規格(JIS)で直径が4cmと規格化されているのが特徴です。さらに、下水道内から虫や異臭が室内に上がって来ないようにU字型で水を溜められるようにもなっています。細くて直線でないことから異物を流すと排水口つまりを起こしやすいです。水がスムーズに流れずに、低い音が排水口から聞こえてくると排水口つまりを起こしている証です。

この現象が起きたら水道修理専門会社に連絡をして、適切な対処をして貰うのが望ましいです。京都には2020年4月時点で、計250件の水道修理専門会社があり、どこでも排水口つまりの修理に対応されています。京都の専門会社で実施されている修理方法は主に、「ワイヤーブラシ」を使用するもので一般家庭から学校・会社等の大型施設の両方で対応できるものです。

京都の場合は、排水口から下水管へとつながっている排水管が個別式の枝分かれをしているものなので、ピンポイントで排水管つまりを修理しやすい環境となっています。そのため、排水口つまりの際は効率よく配管内の異物を取り除ける「ワイヤーブラシ」を使用されているといえます。この修理方法のメリットは、異物の除去はもちろんのこと、配管内の洗浄も同時におこなえるという点です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *