Skip to content

トイレの詰まりや水漏れトラブルの原因

トイレに入ったら床が濡れている、トイレを流したら水が溢れてくる、そのようなトラブルは日常生活の中で比較的多いものです。

トラブルが起こると焦ってしまい、どうすればいいのか分からなくなる人がいます。

まずは落ち着いて、水がどこかから流れ出ている状態であれば止水栓を閉め、すぐに原因を突き止めましょう。トイレの詰まりが起こる原因の多くは、流せる量以上のトイレットペーパーを流してしまうことです。トイレの水圧や排水管の構造によって、トイレットペーパーが途中で止まってしまうために発生します。また、トイレットペーパーと似ているから大丈夫だろうとティッシュペーパーを流してしまうと、水に溶けないために詰まりトラブルを引き起こすこともあります。

他にも、節水のためにタンクにペットボトルを入れている場合も詰まりを起こしやすいので注意しましょう。水漏れの原因で一番多いのは、温水洗浄便座からの水漏れです。温水洗浄便座は何十年も使用できるよう設計されていますが、やはり経年劣化は起こります。だからと言って、温水洗浄便座は家電なので自力で修理するのは簡単ではありませんし、下手に触ってしまうと感電することもあります。温水洗浄便座が原因の場合は、止水栓を閉めてからプロの修理会社に連絡することをおすすめします。また、トイレタンクや便器にヒビが入ることもありますし、配管からの水漏れが生じることもありますので、まずはどこから水漏れが発生しているのか原因箇所を探しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *