Skip to content

トイレの詰まりや水漏れの主な原因

トイレの詰まりの主な原因として、トイレットペーパーや便が詰まることが挙げられます。

特に多いのがトイレットペーパーの詰まりであり、介護用品や生理用品を誤って流してしまうことで詰まるケースもあります。異物の詰まりに関しては、携帯電話や子供のおもちゃが原因になることもありますが、固形物はラバーカップでは取り除けないため、つかめる道具を使って拾うしかありません。実はこれらの固形物は単体では詰まることが無いのですが、そこにトイレットペーパーが絡まって流れなくなります。

水漏れの原因は実に様々です。タンクの場合には給水を上手く調節している機構が故障するケースが多く、古くなったらその機構を取り換えることでトラブルを防げます。機構が機能していなくても、タンクはなかなか気づけないのも厄介であり、かなり多くの水が出るようになってから初めて気づく人もいるようです。排水管からの水漏れの原因は、パッキンの劣化やネジの緩みです。

排水管自体が破損していることは滅多になく、パーツを取り換えるだけで修理できるものが多くなっています。排水管よりも深刻なのは便器からの水漏れで、便器自体が何らかの理由によりヒビ割れを起こしているかもしれません。ヒビが入っていたら本体を取り換えることになり、大掛かりな修理となります。床からの水漏れも深刻なトラブルの一つであり、便器と排水管の間にあるパッキンの劣化でも給水パイプの故障でも、一度便器の取り外しが行われます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *