DMMビットコインのレバレッジ取引と手数料

DMMビットコインは、東京ビットコイン取引所という社名で業務を行っていましたが、2017年の12月に社名を変更しました。

2018年の1月にサービスがスタートし、ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨の取引が可能です。大きい特徴として挙げることが出来るのは、一般的に仮想通貨を購入する現物取引の他に、レバレッジ取引と呼ばれる信用取引が可能なことになります。

レバレッジの倍率は5倍となっていて、10万円を入金したら50万円分の取引まで可能になる仕組みとなっているのです。ですので、一般的な取引よりもハイリスクな分、儲けた金額が5倍になる可能性も秘められています。

そして、DMMビットコインは仮想通貨の様々な種類の取引に対応しているのですが、現物取引に対応している仮想通貨とレバレッジ取引に対応している仮想通貨が違うので注意が必要です。

また、DMMビットコインでは現物取引においてもレバレッジ取引においても取引そのものに対する手数料は無料となります。

しかし、レバレッジ取引を行なっている場合は毎日手数料が取引金額の0.04パーセントに相当する分が発生することになります。

仮想通貨の取引をDMMビットコインで行うためには、現金を入金することになりますが、そのときに発生する手数料は無料です。入金するときの手数料は、ほとんどの仮想通貨取引所で無料ですが、DMMビットコインは出金するときにかかる手数料も無料になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です